電話占いのどこが良い、その理由3つ

緊張しにくい

電話占いの良いところとは、占ってもらうときに緊張しにくいところです。
対面占いですと、初対面の占い師相手に自分の身の上相談をすることになることがあります。
いくら占い師だからと言って、初めて話す相手に自分のことを一から話すことに抵抗を覚える人がいます。
警戒心が強いタイプの人ですと、相手にどうやって思われるか心配という人もいます。
また性格的に人と話すことに対して、うまく話すことが苦手な人がいます。
限られた時間の中で伝えたいことを話すのはなかなか難しいものです。
そのうえ初めて話す相手ですので、余計に緊張してしまいます。
電話占いは、このような対面占いとは違って、相手の顔を見ながら話すことをしません。
その分緊張しなくて済みますし、ある程度の会話の流れをつかんだら、リラックスしながら話すことができます。
相手の顔を見ない分気にしなくてよくなりますし、自分が思ったように話せる可能性が高くなります。
せっかく占いをしてもらうのですから、できれば自分の思ったことをしっかり話して、その上で鑑定してもらいたいものです。
電話占いは、自分のことを伝えやすくわかってもらいやすくなることで、占いの結果も自分にとって納得できるものに近づく可能性が高くなります。

相談内容に悩まない

店舗に直接行って占い師に占ってもらう方法は、プライベートな空間がなかなか守れることがありません。
なかには完全個室でおこなうところもありますが、占い師が複数いるところになりますと、一つのお店に占い師ごとのブースが組まれています。
広い部屋の中に何人も占い師と相談者が居て、仕切りやカーテンで分かれていることもあります。
いくら相手のことを気にしていないと言っても、相談内容は丸聞こえになってしまいます。
また、商業施設などの一角で占いをおこなっていることもありますが、この場合聞こえる相手が、その店に買い物に来ている通常のお客さんになり、場合によってはもっと嫌に感じられることがあります。
電話占いは占い師と相談談者のマンツーマンの空間が守られています。
他の人に聞かれるような場所を選ばなければ、話を聞かれるようなこともありません。
そのために、相談内容もにこだわることがなく、何でも話すことができるようになります。
その上占い師の顔も見えませんので、相談内容の自由はますます広がっていきます。
恋愛や会社の言いにくい人間関係や、家族の将来や病菌の相談など、周囲が見えないで話すことができるのは、占いをしてもらう側にとってはやりやすくなることです。

時間と場所を選ばない

対面占いは直接お店に出向き、その前に予約をして占いをしてもらうことがほとんどです。
例えば田舎に住んでいると、占い師に会うためだけに膨大な交通費がかかってしまったり、移動時間がかかることもあります。
また緊急で急いで占いをしてもらいたいとき、占い師に会うまでに時間がかかりすぎてしまうのが難点となります。
一方で電話占いは、自分に電話占いをする時間があれば、どこでも対応してもらうことができます。
忙しくてなかなか時間を作ることができない人や、逆に外出が難しい環境にある育児や介護、自分が病気中の人でもいつでも占いをしてもらうことができるのです。
このように隙間時間で電話占いをしてもらうことができるようになることから、より電話占い師の存在が身近に感じることがあります。
占いに行きたいという気持ちは、何か悩んでいたり相談したいことがあるなど、今迷っていることが多いです。
このような状態の時に割と自由に占いをしてもらえる環境になることから、電話占い師の存在はとても力強い味方になってくれたり、励まされる存在になることがあります。